• 2020.06.24
  • 旅行ガイド
Share

こんな時期だから行きたい!地元スポット〜第1回〜関東・埼玉編

緊急事態宣言発令以来、コロナウイルス感染症予防対策として自宅にこもる生活が続き、心身ともにストレスを感じた方も多いのではないでしょうか?
2020年5月25日に緊急事態宣言が全面解除され、少しずつ人々の動きが戻りつつありますが、まだまだ予断を許さない状況が続きます。そのような中、遠出するのは気が引けるけれど、こんな時期だからこそ地元なのに実は行ったことのない観光スポット巡りをしてみては、いかがでしょうか?
第1回目の今回は、昨年実写映画版公開でも話題になった「翔んで埼玉」の舞台にもなった埼玉県を取り上げます!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中の各施設は営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前に各施設のウェブサイト等でご確認ください。

目次

  1. 宇宙人の住処?吉見町「吉見百穴」
  2. 関東屈指のパワースポット!奥秩父「三峯神社」
  3. 目指せ世界遺産登録!行田市「さきたま古墳公園」
  4. コンセプト型パーキングエリア 羽生市「鬼平江戸処」

宇宙人の住処?吉見町「吉見百穴」

岩の山肌に無数に並ぶ穴・穴・穴!初見ではタイトルの通り、宇宙人が住んでいるとのオカルト話を信じてしまいそうな摩訶不思議な光景が広がります。実際は約1400年前の古墳時代後期(6世紀-7世紀頃)の横穴墓群だそう。その穴の数は219基と国内最大規模を誇ります。岩山の下方にはヒカリゴケが自生している穴もあり、「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物にも指定されています。埼玉在住の方であれば、県内の遠足定番の観光地となっているため、幼少期に行ったことのある方も多いかもしれませんが、何度行っても非日常空間を味わえるオススメスポットです!!

所在地
埼玉県比企郡吉見町北吉見327番地
営業時間
午前8時30分~午後5時
入園料
中学生以上:300円/小学生:200円/小学生未満:無料

関東屈指のパワースポット!奥秩父「三峯神社」

いつからはじまったのか記憶にないほど長く続くパワースポットブームの埼玉代表「三峯神社」。秩父神社・宝登山神社(ほどさんじんじゃ)とともに秩父三社の一社で標高1,100mの山中に位置しており、場所からして既にご利益がありそう。日本神話の英雄・日本武尊(やまとたけるのみこと)が創始したと伝えられており、境内には銅像も鎮座されています。狼が神のお使いとされており、鳥居の前では狛犬ではなくオオカミが向かい合っています。拝殿脇にそびえ立つ御神木も神々しく、境内の至るところでミエナイチカラを感じることができる、関東屈指のパワースポットです!

所在地
埼玉県秩父市三峰298−1

目指せ世界遺産登録!行田市「さきたま古墳公園」

2019年7月に「百舌鳥・古市古墳群」として世界遺産登録されたことでも有名な「仁徳天皇陵古墳」。埼玉県にも古墳ありま〜す!その名も「埼玉古墳群(さきたまこふんぐん)」。さきたまというのは「埼玉」の県名の由来となった地名で埼玉県民のソウルスポット!?その地に前方後円墳8基と円墳1基の全国有数の大型古墳群が今なお残っているのです。現在、仁徳天皇陵古墳に続けとばかりに「埼玉古墳群―古代東アジア古墳文化の終着点―」として世界遺産登録を目指しているそう。この機会に是非訪れて、世界遺産登録を後押ししてみてはいかがでしょうか?

所在地
埼玉県行田市埼玉

コンセプト型パーキングエリア 羽生市「鬼平江戸処」

「あれ!?ここ高速道路のパーキングだよね?」と一瞬混乱をきたしそうなスポットがこちら!東北自動車道(上り)羽生パーキングエリア「鬼平江戸処」です!近くに江戸への関所があったことやリニューアルオープンした2013年が故・池波正太郎さんの生誕90周年であったことから、江戸を描いた故・池波さんの代表作「鬼平犯科帳」をコンセプトとしたエリアが誕生しました。敷地内には江戸の町並みが忠実に再現されているだけでなく、様々な江戸のグルメを味わうこともでき、タイムトリップ体験をお楽しみいただけます。高速道路のパーキングエリアですが一般道からも利用できますので、ドライブがてらぜひお立ち寄りください。

所在地
埼玉県羽生市大字弥勒 字五軒1686