街角10min

NEW
020 ロンドン
大都市ロンドンで繰り広げられた
思わずホッコリの名場面珍場面
 あまりの人出で、バッキンガム宮殿のゲート周辺まで辿り着けなかった。1時間以上も前に場所取りをする者が大勢いるため、満員電車さながらの混雑ぶり。運良くあそこに滑り込めても、あの混みようでは肝心の衛兵交代式は見られないのではないか、と思ってしまうほどだ。したがって、遅れを取った人の多くが、宮殿前から真っ直ぐに伸びるザ・マル(The Mall)と呼ばれる通り沿いに陣取る。ここなら衛兵の行進を見学できるし、終わった後は、隣接するセント・ジェームス・パークでのんびりすることもできる。動と静の切り替えが瞬時にできるベターなポジションだ。
 いよいよ衛兵の行進が始まると、ザ・マルの沿道にも多くの人が押し寄せて身動きができないほどになっていた。真っ赤な制服を纏った衛兵たちが、美しく隊列を組み段々と近づいてくる。とても壮観だ。靴の音がザッザッと轟き、背筋がピンと伸びた衛兵たちがさっそうと通り過ぎていく…。
 5歳くらいの男の子が、沿道の最前列に躍り出る光景が目に飛び込んできた。彼は衛兵とそっくりな、おそらく母親のお手製であろう赤の衣装を身に着けていて、そのあまりの可愛らしさは群衆の視線を独り占めする勢いだ。彼は隊列が目の前に差し掛かると、口は真一文字に、大真面目な顔で敬礼をした。その姿勢のまま我慢強く耐えるのだが、時折り敬礼する手が下がってきてしまう。後ろにいる父親から背中をポンと突かれると、下がってきた手を慌てて元に戻す。その度に周囲が少しだけざわつく。近くにいた初老の男性は、望遠レンズを携え男の子の前に隊列が差し掛かる瞬間を狙った。男の子はひたすら敬礼を続けている。辺りは例えようのないホッコリとした空気に包まれた。
続きを読む

街角10minとは… 旅のショートショート『街角10min.』 目の前で起こる偶然は、私だけのストーリー。旅先では、ひょんな出会いが、一生の思い出に…。ふと感じる、街角の数分間。 そんな、夢にも似た物語をお送りします。