• 2020.07.08
  • 旅行ガイド
Share

車で行きたい日帰り旅行!子どもと遊べる千葉のお出かけスポット8選

「家族で遊びに行きたいけど、人混みを避けたい!」そんな声にお応えして、「密」になりにくいお出かけスポットを集めました。今回は千葉県在住の編集員が都内からも気軽に日帰りで行ける実際に行きたい場所をご紹介! 子どもたちも満足間違いなしの8選です。次の休みに晴れたらレジャーシートとマスクを持ってお出かけしましょう!

目次

  1. 1日遊んでクタクタ ふなばしアンデルセン公園
  2. 全長約109mのローラーすべり台! 昭和の森
  3. 大人も子どももずぶ濡れアスレチック 清水公園
  4. 動物を見たい触りたい! 千葉市動物公園
  5. 広大な牧場で子ども放牧 マザー牧場
  6. 実はアトラクションもいっぱい 東京ドイツ村
  7. 歴史博士も大満足 千葉県立房総のむら
  8. キャンプ場も大人気! 成田ゆめ牧場

1日遊んでクタクタ ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園

トリップアドバイザーの日本のテーマパーク部門3位に選ばれたことで有名になったアンデルセン公園は、家族で遊べる大テーマパーク!常に四季折々の花々で彩られた園内は東京ドーム8個分と広大です。お遊びざかりの子には「わんぱく王国ゾーン」の芝生広場やアスレチック、水遊びが楽しいにじの池だけでも半日以上は楽しめます。工作好きなら「子ども美術館ゾーン」、虫や植物好きなら「自然体験ゾーン」、フォトジェニックな写真を撮るなら「メルヘンの丘ゾーン」や「花の城ゾーン」など、2〜3ゾーン回るだけでもみんなクタクタ。帰りの車中はきっと運転手以外全員ぐっすり夢の中ですよ。
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
大人900円、高校生600円、小・中学生200円、幼児(4歳以上)100円
駐車場
500円
アクセス
千葉市内から車で約50分

 

全長約109mのローラーすべり台! 昭和の森

昭和の森

千葉市内最大の公園といえば昭和の森!広大な芝生広場でゴロゴロしたり、アスレチックコースや珍しい遊具で子どもたちのテンションはうなぎ登り。中でも人気なのが今では希少なローラー滑り台!林の中を縫うように滑るコースは全長約109m、高低差約25m。滑走時間も30秒以上と大人も子どもも大満足間違いありません。ダンボールや簡易タイプのソリなどを使わないとおしりが痒くなったりズボンが擦れたりするので要注意です。キャンプ場も併設されているので、子どもたちが遊んでいる間に親はのんびり自然に癒やされてはいかが?
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
入園無料
駐車場
1時間100円(一日最大400円)
アクセス
千葉市内から車で約40分

 

大人も子どももずぶ濡れアスレチック 清水公園

清水公園

大人気YouTuberグループが訪れたことで全国的に有名になった清水公園。国内最大級とも言われるフィールドアスレチックは大人でも難しいポイントがいっぱい。お子様の手と絆をしっかり握ってチャレンジしましょう!そのほかにも水しぶきが行く手を阻む噴水迷路や、小動物とのふれあい広場、ポニーの乗馬、マス釣り、キャンプ場など冒険要素満載の公園です。遊びに行く際は着替えとタオルを持って行くのをお忘れなく。
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
入園無料 ※アトラクションは別料金
駐車場
1時間200円(一日最大800円)
アクセス
千葉市内から車で約80分

 

動物を見たい触りたい! 千葉市動物公園

千葉市動物公園 レッサーパンダ

何と言っても中学生以下無料はコスパ良すぎです!あの愛くるしい仕草で一世を風靡した風太くんで有名になった千葉市動物公園。その風太くんも今ではひいひいおじいさん。それでも可愛い姿は今も健在です。その他、凛々しい姿のハシビロコウやサービス精神旺盛なフクロテナガザルなど千葉市動物公園では見てて飽きない人気者がたくさん。小動物のふれあい広場ではヤギやヒツジに触ることもできます。見られる動物は149種と多種多様なので、ゆっくり全部まわるとちょうど1日くらい。お弁当を持って芝生の広場でピクニックがおすすめですよ。
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
大人700円、中学生以下無料
駐車場
700円
アクセス
千葉市内から車で約15分

 

広大な牧場で子ども放牧 マザー牧場

マザー牧場

マザー牧場は小高い山の上にあるので見晴らしよくて爽快!ヒツジの毛刈りで人気のシープショーや子ブタのレース、アヒルの散歩などいつもどこかでイベントが開催されているのでエンターテイメントファームとも呼ばれています。トラクタートレインで牧場内を巡る「マザーファームツアー(中学生以上1,200円、4歳~小学生700円)」に参加すれば思い出もさらにたくさんできるはず。6月からは愛車で巡れる「ドライブスルーファーム(平日3000円、休日5000円)」も大好評。
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
中学生以上1,500円、4歳以上~小学生800円、犬700円
駐車場
1,000円
アクセス
千葉市内から車で約60分

 

実はアトラクションもいっぱい 東京ドイツ村

東京ドイツ村

イルミネーションだけじゃない!東京ドイツ村は、花と自然とアトラクションが楽しめるエンターテイメント村。ドイツの田園風景を再現した敷地内では春は芝桜やバラ、夏はひまわり、秋はコキアと四季折々の花が出迎えてくれます。園内には観覧車や芝そりゲレンデ、マメ機関車など子どもの大好きなアトラクションも豊富で、1日じゅういても飽きることはありません。冬季は関東三大イルミネーションにも数えられるウィンターイルミネーションが開催されますので、しっかり防寒してイルミネーションを堪能してから帰りましょう。
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
大人800円、4歳以上~小学生400円 ※アトラクション、ウィンターイルミネーションは別料金
駐車場
1,000円
アクセス
千葉市内から車で約40分

 

歴史博士も大満足 千葉県立房総のむら

房総のむら

まるで江戸時代にタイムスリップ!江戸から明治頃の町並みを再現した「房総のむら」は歴史好きの大人子どもだけでなく、コスプレーヤーにも大人気のスポット。それぞれの建物は薬屋や魚屋、鍛冶屋などの商家を内部まで忠実に再現。建物だけでなく看板屋小物なども実物や資料を元に作られているのでリアルさと相まって没入感満点です。町並みの裏手には何度も時代劇やCMの撮影に使われた武家屋敷、さらに奥には農家など当時の暮らしぶりを楽しく体験できます。
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
大人300円、高・大学生150円、中学生以下・65歳以上無料
駐車場
無料
アクセス
千葉市内から車で約60分

 

キャンプ場も大人気! 成田ゆめ牧場

成田ゆめ牧場

家族キャンパーに人気の成田ゆめ牧場。のんびり派のファミリーにおすすめです。乳牛の搾乳体験や乗馬、ヤギやヒツジ、ウサギやモルモットと触れ合えたり動物たちと仲良く慣れるイベントがいっぱい。そして、成田ゆめ牧場といえば何と言っても牧場の牛乳を使ったスイーツがおすすめ!水を一切使わない大人気の「過激な牛乳食パン」や、飯盒がついてくるびっくりの大きさの「飯ごうでDoプリン」など個性豊かなスイーツをお土産にいかが?
※必ずご来園前にホームページで開園状況をご確認ください。

入場料
大人1,450円、3歳〜小学生700円、65歳以上1,250円、犬1,000〜1,500円
駐車場
無料
アクセス
千葉市内から車で約50分