• 2020.11.18
  • 旅行ガイド
Share

予約不要(当日受付のみ)のおすすめキャンプ場:関東編

「明日からキャンプ行けるぞ!」と思ったことはありませんか?ほとんどのキャンプ場は電話かネットから事前予約が必要ですが、今回ご紹介するキャンプ場はすべて予約不要(予約不可・当日受付のみ)のキャンプ場です。連休の予約が取れなくて焦ってる人や、急に休暇が取れた人、天気が気になってなかなか予約できない人も、必要なのは当日早起きする覚悟だけ。さあ、思い立ったが吉日!キャンプにGo!!

目次

  1. はじめに
  2. おすすめ1:浩庵キャンプ場(山梨)
  3. おすすめ2:道志の森キャンプ場(山梨)
  4. おすすめ3:本栖湖キャンプ場(山梨)
  5. おすすめ4:精進湖キャンピングコテージ(山梨)
  6. おすすめ5:大洗キャンプ場(茨城)
  7. おすすめ6:緑の休暇村 青根キャンプ場(神奈川)
  8. おすすめ7:嵐山渓谷月川荘キャンプ場(埼玉県)

はじめに

予約不要のキャンプ場には通常のキャンプ場とは少々勝手が異なる場合があります。必ず事前にホームページなどで利用案内を確認するようにしましょう。キャンプ歴7年の編集員が特にチェックが必要と思っているポイントをご紹介します。

料金について

キャンプ場により料金体系が異なります。人数計算のキャンプ場、テント数で計算するキャンプ場、人数+テント数+自動車数で計算するキャンプ場、その他の費用が必要なキャンプ場などさまざまです。参考金額を記載しますが必ず事前にホームページ等で確認しましょう。

受付開始について

受付開始時間が比較的早いのも予約不要のキャンプ場の魅力です。しかし、キャンプ場により受付前に並んで欲しくないキャンプ場や並び順に受け付けるキャンプ場、受付前にテントの設営が可能なキャンプ場などそれぞれ対応が異なります。必ず事前に確認しましょう

ゴミ捨てについて

「予約不要だ!」と飛びついて、意外と驚くのが「ゴミはお持ち帰りください」の看板。予約不要のキャンプ場にはゴミ捨て場がないキャンプ場が少なくありません。事前に確認してゴミが出ないスタイルにするなどキャンプ場に合わせて準備しましょう。

おすすめ1:浩庵キャンプ場(山梨)

ソロキャンブームの火付け役でもある『ゆるキャン△』の聖地として爆発的に知名度が上がったキャンプ場。このキャンプ場を選ぶ理由はやはり富士山。テントの眼前に広がる本栖湖。その岸辺を覆うように裾野を広げる富士山の姿はまさに絶景。波打ち際に近いサイトは湖に向かってゆるやかな傾斜があるので水平を気にする人は設営に気をつけましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

デリ(@deli_.n_h._life)がシェアした投稿

利用料金
中学生以上 600円/1泊、小学生 300円/1泊
+ テント 1,000円/1泊(+タープ 500円/1泊)
利用時間
IN 8:00 〜 OUT 10:00
サイトタイプ
湖畔、林間
ゴミ捨て
不可🙅
ホームページ
https://kouan-motosuko.com/
アクセス
中央自動車道・河口湖IC → 約30分

 

おすすめ2:道志の森キャンプ場(山梨)

東京至近で人気のキャンプ場。広大な敷地のキャンプ場内には川沿いから林間、芝などさまざまなシチュエーションのサイトがあり、何度行っても違う表情を見せてくれるキャンプ場です。川遊びやプール遊び、虫捕りなど子どもにとっても楽しみが多いのも人気のひとつ。チェックインは先に場所取りをしてから管理棟に受付に行きましょう。巡回で受け付ける場合は1人あたり200円増しになるのでご注意を。

 

利用料金
3歳以上 800円/1泊
+ 自動車 1,000円/1泊 ※繁忙期料金あり
利用時間
IN 9:00 〜 OUT 12:00
サイトタイプ
河原、林間
ゴミ捨て
不可🙅
ホームページ
https://doshinomori.jp/
アクセス
中央自動車道(都留IC)→ 約50分

 

おすすめ3:本栖湖キャンプ場(山梨県)

浩庵キャンプ場の対岸に位置する本栖湖キャンプ場。残念ながらキャンプ場から富士山を見ることはできませんが、松の木が多く立つ広い敷地は表情豊かで飽きることはありません。また、キャンプで出たゴミを捨てられるのでファミリーキャンパーには特におすすめ!道を挟んですぐ本栖湖なのでカヤックやSAPなどのアクティビティが豊富なのも魅力。テントの設営は受付前でも可能なので、連休などで混雑が予想される日は早起きしていい場所を狙いましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

Hiroshi Kasuta(@hiroshicl)がシェアした投稿

利用料金
テント(2人以上) 3,000円/1泊(+タープ 500円/1泊)
利用時間
IN 8:00 〜 OUT 12:00(受付前設営可)
サイトタイプ
林間
ゴミ捨て
🙆可
ホームページ
https://www.motosuko-camp.com/
アクセス
中央自動車道(河口湖IC)→ 約30分

 

おすすめ4:精進湖キャンピングコテージ(山梨)

「しょうじんこ」ではなく「しょうじこ」と読みます。精進湖キャンピングコテージからは「子抱き富士」が見られるとあって、カメラマンにも人気のスポットです。テントから見る子抱き富士の姿はまるで絵に描いたようで本当に感動しますよ。近くにはボートのレンタルもあるので、バスフィッシングやヘラブナ、寒い時期にはワカサギ釣りなど釣りを楽しむにも絶好のロケーションです。約束事が多いので、必ずホームページ等で確認してから向かいましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

高橋 学(@manabin.skywalker)がシェアした投稿

利用料金
小学生以上 1,000円/1泊
+ 自動車 1,000円/1泊
利用時間
IN 8:30 〜 OUT 12:00
サイトタイプ
湖畔
ゴミ捨て
不可🙅
ホームページ
https://shojiko.jp/
アクセス
中央自動車道(河口湖IC)→ 約30分

 

おすすめ5:大洗キャンプ場(茨城)

茨城県で唯一の予約不要のキャンプ場、急に海辺でキャンプしたくなったら大洗キャンプ場一択です!アニメ『ガールズ&パンツァー』の舞台にもなったのでファンなら尚さら楽しめるスポット。サイト内は車の乗り入れ禁止ですが、場所によって駐車場のすぐ横にテントを張ることができます。比較的市街地に近いので生活感はありますが、海水浴場まで徒歩で10分少々。海水浴や釣り、海辺の散策などが楽しめますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

知里 古幡(@chitto.f)がシェアした投稿

利用料金
大人 1,300円/1泊、中・高校生 850円/1泊、小学生以下 600円
+ 自動車 1,500円/1泊
利用時間
IN 9:00 〜 OUT 10:00
サイトタイプ
林間、芝
ゴミ捨て
🙆可
ホームページ
http://www.oarai-camp-jo.com/
アクセス
北関東自動車道(水戸大洗IC)→ 約10分

 

おすすめ6:緑の休暇村 青根キャンプ場(神奈川)

道志で人気のキャンプ場のひとつ。キャンプ場内には道志川が流れているので、夏場は川遊びや魚釣りなど家族やグループで楽しみたいキャンパーにおすすめです。キャンプ場のある「緑の休暇村」内には温泉も併設されているので、キャンプの煙や土を温泉で洗い流してから帰れるのも魅力です。

 

この投稿をInstagramで見る

@sonic.yiがシェアした投稿

利用料金
中学生以上 780円/1泊、3歳~小学生 550円/1泊
+ 自動車 1,200円/1泊 + テント(5人用以下)1,200円/1泊
+ 清掃料 100円/1泊
利用時間
IN 8:00 〜 OUT 10:00
サイトタイプ
ゴミ捨て
🙆可
ホームページ
http://aonecamp.jp/
アクセス
圏央道・相模原IC → 約30分

 

おすすめ7:嵐山渓谷月川荘キャンプ場(埼玉県)

一部のキャンパーの間では「埼玉のソロキャンプの聖地」として有名な月川荘キャンプ場。景勝地でもある嵐山渓谷の中にあるキャンプ場は川沿いや林間、芝、砂利など多彩なサイトから選ぶことができます。このキャンプ場で面白いのが川の対岸にあるサイト。川を渡るには細い橋しかないので、心配な人は人力のロープウェイで荷物を送る体験ができますよ。

 

利用料金
大人 880円/1泊、3歳〜5歳 440円/1泊
+ 自動車 700円/1泊 + 入場料 300円/1人(3歳以上)
利用時間
IN 10:00 〜 OUT 10:00
サイトタイプ
河原、芝、林間
ゴミ捨て
不可🙅
URL
https://tukigawasou.jimdofree.com/
アクセス
関越自動車道・東松山IC → 約30分