• 2021.02.17
  • 旅行ガイド
Share

都内でウォーキングしながらお花見しよう!おすすめの桜スポットをご紹介!

東京の桜開花予想は、例年3月中旬!
昨年は、都内の桜が咲き始めた頃に新型コロナウイルス感染が拡大し始め、お花見も自粛で終わってしまいましたが、今年はソーシャルディスタンスを保ちながら桜観賞ができることを願って、ウォーキングをしながら桜を満喫でる、お気に入りの桜の名所をご紹介します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントなどの中止・変更・規制などが発生している場合がありますので、お出かけ前には必ず公式サイト等でご確認ください。!

目次

  1. 桜のトンネル 目黒川
  2. お堀沿いが桜で染まる 千鳥ヶ淵
  3. 開放感抜群! 隅田川
  4. ショッピングも楽しむなら 六本木

桜のトンネル 目黒川

目黒川

800本ものソメイヨシノが川の両岸を彩り、桜一色に染まる目黒川。
池尻大橋駅付近から中目黒駅、目黒駅を抜け五反田駅付近まで続く目黒エリアと、五反田駅付近から大崎駅を通り抜け天王洲アイル駅付近までつづく品川エリアがあります。
おすすめは、東急田園都市線の池尻大橋駅から日比谷線の中目黒駅へ向かう約2kmのコース。
このエリアの目黒川は幅が狭いため、両岸の桜が重なり合い、桜のトンネルが目黒川が覆い尽くします。
橋の上からの景色が見事で、特に、国道246に架かる「大橋」と、赤い欄干の「中の橋」がおすすめの映えスポットです。
中目黒駅周辺には、今話題のフルーツサンドのお店など、人気のスイーツショップが多いので、花見と合わせてスイーツも楽しんでみてください。

【公式HP】めぐろ観光まちづくろ協会

お堀沿いが桜で染まる 千鳥ヶ淵

千鳥ヶ淵

都内で最も有名な桜の名所のひとつ、千鳥ヶ淵。
日本武道館のある北の丸公園のお堀沿いに咲き誇る桜は圧巻。
例年、多くの花見客で賑わっているので、人混みをかき分けながらの桜見物ですが、一見の価値はあり!
中でも、水面から桜が観賞できるボートはすごい人気!
昨年に続き、今年もコロナ渦で自粛が続く中のでの桜のシーズンなので、人出やボートはどうなるのか気になるところですが…。
アクセスは半蔵門線と都営新宿線の九段下駅か、半蔵門線の半蔵門駅。
おすすめは、九段下駅から半蔵門駅に抜ける約2kmのコースです。
九段下2番出口から地上に上がり、内堀通り(靖国通り)を市ヶ谷方面に300m進み、お堀沿いに半蔵門駅に向かうコースです。
内堀通りからお堀を覗き込んだ時に、目に飛び込んでくる桜並木が見事です。
ただし、混み合っている場合は、歩行コースが決められていることもあるので、事前に確認を!

【公式HP】Visit Chiyoda(千代田区観光情報公式サイト)

開放感抜群! 隅田川

墨田川

人気の観光地、浅草。
雷門をくぐり、仲見世通りをと通り抜け、浅草寺で参拝したら隅田川へGO!
こちらも人気のお花見スポット!隅田川の両岸に桜並木が続きます。
川岸からの眺めもいいですが、隅田川は川幅が広いので橋の上からの眺めが開放感が最高!
Xの形にっ架かった桜橋からの眺めおすすめですので、渡ってみてください。
川幅があるため、少々川風が強いので天気のいい日でも上着を忘れずに!
また、お台場、日の出桟橋、浜離宮などから浅草をつなぐ水上バスもおすすめです。
隅田公園周辺をぐるっと一周する浅草周辺ルートもあるので、フェリーからの桜も楽しんでみてください。

【公式HP】:すみだ観光サイト東京都観光汽船(TOKYO CRUISE)

ショッピングも楽しむなら 六本木

六本木

ショッピングも楽しみながら、桜観賞したいなら六本木がおすすめです。
六本木ヒルズには、八本のソメイヨシノが彩る毛利庭園や、建物の裏側に桜並木が続く「さくら坂」がります。
毛利庭園は都内の人気観光スポットで、江戸時代の大名屋敷の庭園を今に残します。
東京ミッドタウンにも、建物を囲むよう100本程度のソメイヨシノが並びます。
建物裏手にある港区立檜町公園付近では、ヤマザクラ、オオヤマザクラ、ヤエベニシダレや、白い桜が咲くオオシマザクラなども観賞できます。
溜池山王駅と六本木一丁目駅の間にある、アークヒルズも人気の桜スポットです。
建物の右側に面するスペイン坂には約150本のソメイヨシノ並木が続きます。

【公式HP】六本木ヒルズ東京ミッドタウンアークヒルズ




※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントなどの中止・変更・規制などが発生している場合がありますので、お出かけ前には必ず公式サイト等でご確認ください。!