• 2020.09.16
  • 旅行ガイド
Share

こんな時期だから行きたい!地元スポット〜第4回〜関東・茨城編

こんな時期だからこそ地元なのに実は行ったことのない観光スポット巡りをしてみては、いかがでしょうか?GoToTravelキャンペーン! を利用して地元で宿泊してみるのもいいかも!?第4回目は、茨城県の地元スポットを紹介いたします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、掲載中の各施設は営業時間変更または臨時休業となる場合がございます。事前に各施設のウェブサイト等でご確認ください。

目次

  1. ローカルなのに本格的!!日立市「かみねレジャーランド」
  2. 高所恐怖症でなくても要注意!?常陸太田市「竜神大吊橋」
  3. 宇宙好きは必見!つくば市「JAXA筑波宇宙センター」
  4. 眼前に広がる色とりどりの花の絨毯!ひたちなか市「国営ひたち海浜公園」
  5. 貴族気分でゆったりお散歩!水戸市「七ツ洞公園」

ローカルなのに本格的!!日立市「かみねレジャーランド」

TDRやUSJなど大型レジャー施設に行くのもいいけど、地元のレジャースポットでお手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか?日立市のかみね公園の頂上に位置する「かみねレジャーランド」は市営でありながらも定番のアトラクションを十分にお楽しみいただけます。ジェットコースターは見かけは小ぶりながらも山の斜面を利用した高低差でスリル満点。最上部にある高さ30mの観覧車からは海から山まで自然豊かな景観をパノラマでご覧いただけます。公園内には、レジャーランドの他にも動物園や遊園地(別料金)も併設しており、ファミリーで訪れれば一日中お楽しみいただけるスポットです。

所在地
茨城県日立市宮田町5-2-22
営業時間
8:30~17:00
入場料
大人:450円/小人(4才〜中学生):200円

高所恐怖症でなくても要注意!?常陸太田市「竜神大吊橋」

高いところのスリルがたまらなく好きという人には是非行っていただきたいスポットがこちら!常陸太田市「竜神大吊橋」。竜神川をせき止めた竜神ダムの上に架けられた橋は全長375mと歩行者専用の橋としては、日本最大級を誇ります。高さはなんと100m。橋の床面にはめ込まれたアクリル板から湖面を覗くと足元がすくみ、背筋が凍るほどの高さです。橋の中央部ではバンジージャンプを体験することもでき、こちらの日本最大級としてバンジーファンの間でも有名なスポットとなっています。バンジーはさすがに無理という方でも見ているだけで十分スリルを味わえますヨ!

所在地
茨城県常陸太田市天下野町2133-6
営業時間
8:30~17:00
渡橋料金
大人:320円/小人(小・中学生):210円

宇宙好きは必見!つくば市「JAXA筑波宇宙センター」

スペースX社やホリエモンロケットなど民間ロケットのニュースを目にする機会も増え、民間人の宇宙旅行の実現もすぐそこまで迫っているのを肌で感じる今日このごろ。そんな思いを馳せながら、訪れてほしいのがこちら。つくば市「JAXA筑波宇宙センター」。日本の宇宙開発における中枢ともいえるこの施設には人工衛星やロケットエンジンなどの実物大のモデルをはじめ、日本の宇宙開発の歩みや取り組みを目の当たりにできる展示物が盛りだくさん。併設しているミュージアムショップ「プラネットキューブ」では、宇宙食などJAXAならではのお土産も販売しているので、ショッピングもお楽しみいただけます。

所在地
茨城県つくば市千現2-1-1 
営業時間
10:00~16:00(事前予約制です。ご予約がない方は入場できません。)
入場料
無料

眼前に広がる色とりどりの花の絨毯!ひたちなか市「国営ひたち海浜公園」

花の名所と言われる場所は全国各地にありますが、関東でも屈指のスポットがこちら!ひたちなか市「国営ひたち海浜公園」。200haにおよぶ園内の各所に四季折々の花畑が広がります。中でも春のネモフィラと秋のコキアは必見。園内のみはらしの丘に植えられた数百万本にものぼる青いネモフィラが広がる景色は、まさに「青の絨毯」と言えるほど幻想的な光景です。秋にみられる紅葉したコキアは、打って変わって「真っ赤な絨毯」と言える圧巻の表情を見せます。花だけではなく、遊園地やサイクリングコースなどさまざまなアトラクションがありますので一日中飽きることなく、お楽しみいただけます。

所在地
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間
3月1日〜7月20日/9:30〜17:00 7月21日〜8月31日/9:30〜18:00 9月1日〜10月31日/9:30〜17:00 11月1日〜2月末日/9:30〜16:30
休園日
毎週火曜日(火曜日が祝日にあたる場合は直後の平日)、12月31日、1月1日、2月の第1月曜日からその週の金曜日まで
入園料金
大人(高校生以上):450円 シルバー(65歳以上):210円 ※中学生以下は無料です。※春季(4月中旬~5月上旬の20日間程度)、秋季(10月中旬の10日間程度)は季節料金となり、料金が変わります。期間は花の生育状況等により決定しますので、詳しくはホームページにてご確認ください。

貴族気分でゆったりお散歩!水戸市「七ツ洞公園」

国内にいながら、英国貴族気分さながらイングリッシュガーデンを散策する。そんな体験ができるのが、水戸市にある「七ツ洞公園」。本場英国の造園業者が設計し,英国建材を使用して作庭された正真正銘の英国風景式庭園になっています。4つの池と5つのダムを取り囲むように広大な森が形成されており、所々にヨーロッパの庭園を彷彿とさせるフォリー(装飾用の建物)やパビリオンが配置されています。園内は静謐な雰囲気に包まれており、ゆったりと散歩するだけでも優雅な気分に浸ることができます。映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地としても有名なので映画を見てから訪れれば、楽しみが増えるのではないでしょうか?

所在地
茨城県水戸市下国井町2243