ストックホルム

003

斬新な空間なのに
みな慣れっこ

ストックホルム(スウェーデン)

 噂には聞いていた。「T」のサインがあるビルの1階には、ギリシャ彫刻のような像がある。そこが入口だ。いきなり現れる、チェッカーフラッグのような模様が北欧らしい。改札でチケットを購入して、エスカレーターで下る。うっ、深い。壁には赤いフェンスが設置され、広告用ポスターが並ぶ。天井にはピアノの鍵盤のような装飾が出現。斬新だ。しかし、最初の踊り場に到着すると、様子はさらに一変した。ここは洞窟遺跡か、はたまた美術館か。剥き出しの岩盤に奇抜な装飾ペイントが施され、石像のようなものまである。地下鉄の駅に向かうという意識は瞬時に消えた。この先に地底湖があるのではないか、と思ったほどだ。ストックホルムの地下鉄ブルーラインKungsträdgården駅(クングストラッドゴーダン・王立公園駅)。天井は深緑色、床はエンジ色に深緑と白のストライプ、壁は剥き出しの岩盤。ホームも奇抜だ。ここは始発駅なので、青い車両が出発の時を待っている。その真ん中あたりに乗り込み、となりのストックホルム中央駅へと向かった。

ストックホルムの地下鉄 ブルーライン Kungsträdgården駅(クングストラッドゴーダン・王立公園駅)

 動き出して約1分半。となりのT-Centralen駅(T‐セントラーレン・中央駅)で降りる。今度は、青と白の世界。鍾乳洞のような鮮やかな空間が広がる。驚き、うろたえ、感嘆していたのはほんの数人で、多くの人は足早に乗り降りして目的地へ向かう。こんな斬新な空間なのに、みな慣れっこのようだ。
 小型犬を連れた初老の女性が声をかけてきた。スウェーデン語だろうか。理解することはできなかったが、その姿から「驚いたでしょう。気に入ってくれた?」と言っているようだった。私は大げさに肩をすぼめた。すると「GOOD」と2度繰り返し、穏やかな笑顔で小型犬とともにエスカレーターへと向かっていった。ほんの数分で足早な人の波は消え、鑑賞している観光客数人だけが残る。そしてもれなく、誰もがシャッターを切り始めた。

ストックホルムの地下鉄 ブルーライン T-Centralen駅(T‐セントラーレン・中央駅)

参考までに…
75分間、乗り降りが自由にできるシングルチケットが43クローナ(約600円・2018年1月現在)。ひと駅乗るだけを考えると割高だが、美術館の入場と考えれば割安だ。しかも、ユニークな美術館を地下鉄で「はしご」できるのだから。

街角10minとは… 目の前で起こる偶然は、私だけのストーリー。旅先では、ひょんな出会いが、一生の思い出に…。ふと感じる、街角の数分間。 そんな、夢にも似た物語をお送りします。旅は、いいものですね。

ストックホルム
北欧随一の美しさを誇る水の都ストックホルムは“北欧のベニス”と呼ばれています。中世の面影が残る旧市街を歩くと、古き良き時代へタイムスリップした気分になります。
添乗員付きツアーはこちら!

その他の都市はこちら

ヘルシンキ(フィンランド)
ヘルシンキ
(フィンランド)
緑豊かな森とバルト海の美しい海岸線に彩られ、街全体が自然公園のようなフィンランドの首都。19世紀初頭のネオクラシック様式とモダンな建築物が不思議な調和をかもしだしています。
添乗員付きツアーはこちら!
コペンハーゲン(デンマーク)
コペンハーゲン
(デンマーク)
800年以上もの歴史を今に引き継ぐ北欧の玄関口。美しい歴史的建造物が数多く残され、ヨーロッパ各地と交易のあったコペンハーゲンは、その影響もあって随所にカラフルな建物が並びます。
添乗員付きツアーはこちら!
オスロ(ノルウェー)
オスロ
(ノルウェー)
オスロ湾に面し、フィヨルドを見下ろして広がるノルウェーの首都。遠くバイキングの時代から海に挑んできた人々の街です。画家ムンクや劇作家イプセンを生んだ芸術と文化の街でもあります。
添乗員付きツアーはこちら!
ベルゲン(ノルウェー)
ベルゲン
(ノルウェー)
かつてはノルウェーの首都として、またハンザ同盟都市として繁栄を極めた街。車窓から素晴らしい景色を望むオスロ〜ベルゲン間471kmを結ぶベルゲン鉄道の起点でもあります。
添乗員付きツアーはこちら!